メンズのひげを脱毛する

医療脱毛で出来る脱毛法とは

医療脱毛にはどんな種類があるの?

医療機関において脱毛を行う医療脱毛では、主に3つの種類の脱毛方法を取り扱っています。クリニックによって扱っている脱毛方法と扱っていない脱毛方法がありますから、必ず通うクリニックに事前に確認しておくようにしましょう。

ひげの脱毛方法には、電気針などを利用して行うニードル脱毛、強い光を照射することで行うフラッシュ脱毛、そして医療用レーザー機器を使って行うレーザー脱毛があります。

ニードル脱毛はひげ1本1本に対して針を刺し、針を通してひげに電気を流して脱毛を行います。3種類の中では最も脱毛効果が高いのが特徴です。1本1本に対して針を刺して行うため痛みかなり強いものになり、電気を流すために突き刺すようなタイプの強烈な痛みを感じることになります。また、1本ずつひげを処理していくため広範囲に渡る脱毛には不向きであることも特徴です。

フラッシュ脱毛はレーザーよりも出力が弱い機器を使い、機器を直接ひげに当てて光を照射して脱毛を行います。機器の口径は大き目であるため、ある程度広範囲に渡る脱毛も可能です。痛みに関してもそれほど強くなく、痛みに弱い方にとっては最もおすすめの方法となっています。

レーザー脱毛は医療用レーザー機器を使って脱毛を行うものであり、フラッシュ脱毛と同じく機器を直接ひげに当ててレーザーを照射して脱毛を行います。広範囲に渡る脱毛にも問題なく対応することができ、また脱毛効果は比較的高いものとなっています。そのぶん脱毛時の痛みは強めであり、特に鼻下など骨に近い部分の脱毛の際には強烈な痛みを伴う場合もあります。

これらの3種類の方法をきちんと理解したうえで、自分のひげの範囲や濃さ、さらに痛みに強いか弱いかなどの点も考慮に入れたうえで、最終的にどの脱毛方法で施術を行ってもらうかを判断するようにしましょう。

Copyright © 男性のひげは嫌われる. All rights reserved.